健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 乳酸菌の7つの効果とは? » アトピーの改善

アトピーの改善

このページでは、乳酸菌がアトピーの改善に役立つ理由を解説しています。アトピー改善におすすめの乳酸菌サプリも紹介しています!

アトピーの原因とは?

アトピー性皮膚炎が起こる原因というのは、実ははっきりとは分かっていません。ただ、食生活ストレス、また遺伝による体質が関わっていると考えられています。

アトピー性皮膚炎が起こるメカニズムとは?

アトピー性皮膚炎などのアレルギーというのは、免疫機能が異常反応を起こしたときに発生する症状です。

その免疫機能の主役ともいえるのが、白血球の中のリンパ球に存在している免疫細胞。「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」や「B細胞」、「キラーT細胞」といったさまざまな働きをする細胞が存在しており、ウイルスをはじめとした外敵が体内に入ってくると、攻撃を行います。そして、再び同じ種類の敵が侵入してきた場合にすぐ攻撃できるよう、「IgE抗体」と呼ばれるものを生成します。これが必要以上に生成されると、いわゆるアレルギー症状が起こる原因になるのです。

また、「Th1細胞」「Th2細胞」と呼ばれる免疫細胞も、アレルギー症状の発生に深く関係しています。

2つめに挙げた「Th2細胞」は、アレルギー反応を促進する作用を持っています。そして1つめの「Th1細胞」は、アレルギー反応を抑制する作用を持っています。この「Th1細胞」「Th2細胞」の2つのバランスが乱れてしまうとアレルギーが引き起こされるのです。

乳酸菌がアトピー改善に寄与するワケ

アトピー性皮膚炎を患っている人にみられる傾向として、“腸壁のバリア機能が低下している”というものが挙げられます。このバリア機能が低くなった腸壁の部分からは、アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が入ってきやすくなってしまいます。

ここで、乳酸菌の持つ作用が有効的に働くのです。

乳酸菌は、善玉菌のエサとなって腸内の環境を善玉菌優勢の健康な状態に整えてくれます。このことが、腸壁の修復につながるのです。腸壁が修復されれば、アレルゲンが入ってくるのを抑えることができますね。

また乳酸菌は、上で説明した「IgE抗体」の作用を抑制したり、同じく上で説明した「Th1細胞」「Th2細胞」のバランスを調整する作用を持っています。乳酸菌のこの作用により、アレルギー症状の発生を抑制することが期待できるのです。

アトピーにお悩みの人は、ぜひ乳酸菌のパワーも試してみてくださいね!

アトピー改善にオススメの乳酸菌サプリ3選

以下に、アトピー改善におすすめできる乳酸菌サプリ3選を紹介します。含有量と種類数で比較しています!

「花菜の選べる乳酸菌」
乳酸菌の含有量 5000億
乳酸菌の種類数 8種類
【ナノ型乳酸菌、有胞子乳酸菌、3種類のケフィア菌、植物性ラブレ菌、フェカリス菌、ビフィズス菌】

花菜の選べる乳酸菌の詳細はこちら

「活き活き乳酸菌」
乳酸菌の含有量 130億個
乳酸菌の種類数 7種類
【アシドフィルス菌(LA-14)、ガゼリ菌(LG-36)、HOWARU DOPHOLUS(ビフィズス菌は「BB-02」「BL-02」「BL-04」「BL-06」)】

活き活き乳酸菌の詳細はこちら

「ANP71」
乳酸菌の含有量 1500億個以上
乳酸菌の種類数 1種類
【ANP71】

ANP71の詳細はこちら

ページの先頭へ ▲