健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 乳酸菌の7つの効果とは? » 生活習慣病の予防

生活習慣病の予防

生活習慣病の原因や、乳酸菌が生活習慣病の予防に役立つ理由を説明しているページです。生活習慣病予防におすすめの乳酸菌サプリも紹介しています!

生活習慣病の原因とは?

生活習慣病の主な原因として考えられているのは、良くない生活習慣(たとえば運動不足乱れた食生活喫煙お酒の飲み過ぎストレス過剰など…)です。

これらの原因は私たちの生活にとても身近なものであり、思い当たる人も多いことでしょう。こんな身近な原因から引き起こされるにもかかわらず、生活習慣病にはガンや脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、痛風といった重い病気が挙げられます。どれも辛い症状を伴う大変な病気ですが、一方で、日本人の間で良くみられる珍しくない病気でもあります。

100%防げるわけではありませんが、普段の生活習慣を改善することでそのリスクを下げられるわけですから、ぜひ見直したいものです。

そんな生活習慣病の原因の中で、ここで注目したいのが“食生活の乱れ”です。

忙しさに追われる毎日のなかでしっかりと栄養バランスの整った食事を継続するのはなかなか簡単なことではありませんが、乱れた食生活は気付かないうちに体をむしばんでいきます。

脂分の多い食事や過度の飲酒、スナック菓子など偏った食生活を送っていると、腸内環境がどんどん悪化します。腸内環境の悪化とは、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えること。増えてしまった悪玉菌は毒素を排出し、それが生活習慣病の原因につながるのです。

乳酸菌が生活習慣病予防に寄与するワケ

腸内環境が乱れることで、生活習慣病の原因になり得ることが分かりました。

そこで活躍が期待されるのが、乳酸菌です。

乳酸菌は腸内環境を良くするのにとても役立ちます。なぜかというと、善玉菌のエサになるからです。腸内環境が良い状態(腸内細菌のバランスが整った状態)というのは、「悪玉菌<善玉菌」の状態。この状態にするためには、善玉菌を増やす必要があります。そして善玉菌を増やすにはエサが必要であり、乳酸菌がそのエサとなるのです。

乳酸菌が生活習慣病の予防に寄与すると言われる理由は、以上のとおり。

乳酸菌を摂ることで腸内の善玉菌が増え、腸内の善玉菌が増えることで腸内環境が整い、腸内環境が整うことで生活習慣病の予防になる…というメカニズムなわけですね。

ぜひ日頃の食事に、乳酸菌が多く含まれる食品を積極的に取り入れましょう。サプリメントなどを活用して効率よく摂取するのもおすすめです!

生活習慣病予防にオススメの乳酸菌サプリ3選

以下に、生活習慣病の予防におすすめできる乳酸菌サプリ3選を紹介します。含有量と種類数で比較しています。ぜひ乳酸菌サプリ選びのご参考にしてください!

「花菜の選べる乳酸菌」
乳酸菌の含有量 5000億
乳酸菌の種類数 8種類
【ナノ型乳酸菌、有胞子乳酸菌、3種類のケフィア菌、植物性ラブレ菌、フェカリス菌、ビフィズス菌】

花菜の選べる乳酸菌の詳細はこちら

「活き活き乳酸菌」
乳酸菌の含有量 130億個
乳酸菌の種類数 7種類
【アシドフィルス菌(LA-14)、ガゼリ菌(LG-36)、HOWARU DOPHOLUS(ビフィズス菌は「BB-02」「BL-02」「BL-04」「BL-06」)】

活き活き乳酸菌の詳細はこちら

「ANP71」
乳酸菌の含有量 1500億個以上
乳酸菌の種類数 1種類
【ANP71】

ANP71の詳細はこちら

ページの先頭へ ▲