健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 腸内の乳酸菌の増やし方 » 生活習慣の改善

生活習慣の改善

睡眠や運動など、生活習慣を改善することが乳酸菌の増加につながることを紹介しているページです。ぜひ参考にしてみてください。

生活習慣の改善で乳酸菌を増やそう!

乳酸菌(善玉菌)を増やして腸内環境を整えるのに最も手っ取り早く効率的なのは、乳酸菌サプリの摂取だと思います。

しかし、サプリを摂っているからと安心して生活習慣の乱れを放置していると、せっかくの乳酸菌も効果的に働いてくれない可能性が高いです。不規則な食生活や睡眠不足など生活習慣の乱れは悪玉菌の増えやすい腸内環境をつくることにつながり、善玉菌優勢の理想的な腸内環境から遠ざけてしまうことになるのです。

乱れた生活習慣はきちんと改善していかないと、善玉菌の増えやすい腸内環境にはならないということをぜひ覚えておきましょう!

生活習慣をどのように改善すればよいの?

キーワードとなるのは、食生活・睡眠・運動・ストレスの4つ。以下に、それぞれについて簡単にまとめてみました。

●食生活

野菜をあまり食べない人や油分の多い食事をしがちな人などは、腸内に善玉菌より悪玉菌が多くなっている傾向にあるので注意です。バランスの取れた食事を心掛けましょう。また、おすすめなのはヨーグルトやその他醗酵食品など乳酸菌が多く含まれている食品を積極的に摂ること。また、善玉菌の栄養分となるオリゴ糖や食物繊維も摂取するとよいでしょう。

●睡眠

善玉菌を増やそうと思ったら、睡眠も食事と同じくらい大切。睡眠をしっかりとることは、細胞の活動の正常化やストレス緩和に良い効果をもたらすのです。せっかく食事やサプリで善玉菌を増やしても、睡眠不足続きでは体に良くないのは当然ですね。毎日ある程度決まった時間に寝るようにし、できれば7時間程度の睡眠を確保したいものです。

●ストレス

ストレスも腸内の環境に関わっています。胃腸の働きは自律神経の一つである副交感神経がコントロールしているため、ストレスで自律神経が乱れれば、腸のぜん動運動が悪化して便秘の原因となり悪玉菌も増えやすくなってしまうのです。ストレスが緩和されれば自律神経も落ち着いて腸の働きは改善し、悪玉菌の増えづらい環境がつくられます。ストレスを完全に避けることは難しいですが、自分なりのストレス対処法を見つけるとよいでしょう。ストレスと上手につきあうこと、コントロールすることが重要ではないでしょうか。

●運動

ストレス解消が腸内環境に良い影響をもたらすと説明しましたが、適度な運動はストレスを軽減するのに効果的です。なかでもウォーキングをはじめとした軽めの運動は、ストレス解消に役立つうえ、便通の促進にも効果を発揮します。ぜひ普段の生活の中に取り入れてみてください!

乳酸菌が増えるとどんな健康効果があるの?

腸内に乳酸菌やビフィズス菌が増えると、体にはどんな良い影響があるのでしょう?以下に主な効果を挙げてみました!

下痢や便秘の改善

乳酸菌の作用によりつくられた酢酸や乳酸が腸のぜん動運動を促進し、便秘などを改善させてくれます。また善玉菌の勢いが増すことで、悪玉菌がかかわる細菌性下痢が抑制され食中毒なども防げます。便秘などが改善されることで肌の調子も良くなるでしょう!

食物アレルギーを防ぐ

乳酸菌は、免疫機能を正常に作用させ、必要な栄養分と異物との違いをきちんと認識できるようサポートする働きを持っています。この働きにより、異物と混同して食物を攻撃してしまう過度なアレルギー反応を抑制することができるのです。

風邪予防やガンの予防も!

腸は、異物の侵入を抑止して体をバリアする免疫機能を持っています。乳酸菌には、この免疫機能を活性化させる働きが備わっているのです。異物に対して先頭を切って闘う免疫細胞(ナチュラルキラー細胞など)の活性化もしてくれるため、風邪をはじめとした感染症やガンの予防も期待できます!

ページの先頭へ ▲