健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 腸内の乳酸菌の増やし方 » ヨーグルト

ヨーグルト

ここでは、腸内の乳酸菌を増やす方法として“ヨーグルト摂取”について紹介しています。乳酸菌が増えることによる健康効果にも触れているのでぜひチェックしてみてくださいね!

ヨーグルトを食べて乳酸菌を増やそう!

乳酸菌といえばヨーグルトを連想する人も多いと思います。

ヨーグルトには、100mlあたりに1億個もの豊富な乳酸菌が含まれており、食品の中では比較的多くの乳酸菌が一度に摂れるのです。

また、ヨーグルトにはストレス緩和作用のあるカルシウムも含まれています。ストレスも悪玉菌を増やす原因のひとつなので、その点でも整腸作用のある食品としてオススメできます。

ヨーグルトに含まれているのは動物性乳酸菌

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がありますが、ヨーグルトに含まれているのは動物性乳酸菌です。

動物性乳酸菌は、植物性のものに比べてタフではなく、多くが腸まで届かないと言われています。

でも、だからといって摂取しても意味がないの?というと、もちろんそうではありません。植物性乳酸菌の作用を活性化したり、善玉菌の死骸を排出したりといった働きがあるのです。

そのため、植物性・動物性の両方を上手く摂取して相乗効果を狙うのが一番オススメ。植物性乳酸菌が摂れるサプリメントと一緒に摂ってみてはいかがでしょうか?

効果的な摂取方法は?

ヨーグルトの整腸作用をよりアップさせたいのなら、甘みは砂糖でなくオリゴ糖でとるのがオススメ。

なぜかというと、砂糖は悪玉菌の好物だから。砂糖をたっぷり入れたヨーグルトは、善玉菌を増やそうとする一方で悪玉菌にもエサを与えていることになるのです。

その点、オリゴ糖は、善玉菌の好物。無糖のプレーンヨーグルトにオリゴ糖をプラスすれば、乳酸菌×オリゴ糖のダブルパワーで効果的に善玉菌の増加・活性化が図れるのです!

また、ヨーグルトを食べるなら食後がオススメ。食後は胃酸が減っている状態にあるため、乳酸菌が胃酸のダメージを受けることなく腸まで到達しやすくなります。ヨーグルトはぜひ食後のデザートとして食べましょう!

乳酸菌が増えるとどんな健康効果があるの?

腸内に乳酸菌やビフィズス菌が増えると、体にはどんな良い影響があるのでしょう?

以下に主な効果を挙げてみました!

下痢や便秘の改善

乳酸菌の作用によりつくられた酢酸や乳酸が腸のぜん動運動を促進し、便秘などを改善させてくれます。また善玉菌の勢いが増すことで、悪玉菌がかかわる細菌性下痢が抑制され食中毒なども防げます。便秘などが改善されることで肌の調子も良くなるでしょう!

食物アレルギーを防ぐ

乳酸菌は、免疫機能を正常に作用させ、必要な栄養分と異物との違いをきちんと認識できるようサポートする働きを持っています。この働きにより、異物と混同して食物を攻撃してしまう過度なアレルギー反応を抑制することができるのです。

風邪予防やガンの予防も!

腸は、異物の侵入を抑止して体をバリアする免疫機能を持っています。乳酸菌には、この免疫機能を活性化させる働きが備わっているのです。異物に対して先頭を切って闘う免疫細胞(ナチュラルキラー細胞など)の活性化もしてくれるため、風邪をはじめとした感染症やガンの予防も期待できます!

ページの先頭へ ▲