健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 乳酸菌のキホン情報 » 動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

ここでは、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いについて分かりやすく解説しています。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌はどう違うの?

乳酸菌は、大きく分けると「動物性乳酸菌」「植物性乳酸菌」の2種類があります。以下に、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

動物性乳酸菌とは?

乳酸菌と聞いてパッと頭に浮かぶものといえば、ヨーグルトやチーズなどの乳製品ではないでしょうか?これらには、いわゆる「動物性乳酸菌」が含まれています。ヨーグルトやチーズは動物から出るお乳を主な原料としているため、これらに含まれる乳酸菌は「動物性乳酸菌」なのです。

植物性乳酸菌とは?

では植物性乳酸菌はどんなものに含まれているの?というと、代表的なものとしては味噌や醤油、漬物などが挙げられます。 

植物性乳酸菌は米や野菜に含まれる果糖やブドウ糖、麦芽糖、ショ糖などが元となっている乳酸菌であり、たとえばキャベツの場合は、塩に漬けこむことによって乳酸菌が発酵されます。 

酸度や塩分の高い過酷な環境で作られる植物性乳酸菌は、胃酸の中でもちゃんと生き残ることができ、腸まで届きやすいとされています。 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の相乗効果をねらおう!

植物性乳酸菌は、なぜ胃酸で分解されずに腸まで届くのでしょうか?その理由は、他の細菌と一緒に生存できる(共存できる)から。一方動物性乳酸菌は、他の細菌とは共存できません。そのため体力の弱い乳酸菌と言うことができ、多くが腸まで届かないと言われています。 

「じゃあ動物性乳酸菌は摂る意味がないの?」というと、それは違います。植物性乳酸菌を活性化したり、善玉菌の死骸を排出したりと、大事な働きを持っているのです。 

ですので、一番おすすめなのは、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の両方を上手に取り入れ相乗効果を狙うことです!

日本人の体に合うのは「植物性乳酸菌」

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いについて説明しましたが、では私たち日本人に合っているのはどちらなのでしょうか?それは植物性乳酸菌です。 

その理由は、日本人が昔から日常的に口にしてきたものであるため体質的に合っていると考えられるからです。 

味噌や醤油、漬物、日本酒など、植物性乳酸菌は日本人になじみ深い食品ばかりに含まれています。動物性乳酸菌を含む食品が日本で出回るようになるもっともっと前から、日本人の食生活のなかで慣れ親しんできた乳酸菌なのです。 

また、日本人の腸というのは、欧米人に比べて長くできています。このことから、日本人は、乳酸菌が腸まで到達する可能性が欧米人に比べて少ないと言えます。 

この点を考えてみても、やはり私たち日本人の体には植物性乳酸菌の方が合っていると言えるのではないでしょうか?

ページの先頭へ ▲