健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 乳酸菌のキホン情報 » 乳酸菌のはたらき

乳酸菌のはたらき

ここでは、乳酸菌のはたらきについて解説。腸内フローラとは?善玉菌と悪玉菌の関係って?といった疑問にお答えしていきます。

腸内フローラとは?

腸の中には「善玉菌」「悪玉菌」が共存しています。ただ、仲良く共存しているわけではなく、お互いに勢力を大きくしようと競り合っています。なぜ競り合うのか?それは、腸の中の腸内細菌が生存できる場所に限りがあるからです。そういう状況のなかで、「善玉菌」「悪玉菌」はそれぞれ密集し、縄張り(腸内フローラ)を形成しているのです。 

そして、「善玉菌」が増えれば「悪玉菌」が減る。逆に「悪玉菌」が増えれば「善玉菌」が減るという関係が出来上がっています。 

善玉菌と悪玉菌はどう違うの?

【善玉菌】 

生命活動や健康を維持するのに必要となる物質を生成します。またホルモンやビタミンの生成、脂質の代謝、消化吸収、免疫の活性化、ぜん動運動などにも関係する重要な菌です。 

【悪玉菌】 

腸の中で有害な物質をつくりだし、腸壁細胞を徐々に傷つけます。この悪さがガンの引き金になったり、肝臓機能を低下させたりするのです。肝臓機能の低下は老化や生活習慣病の原因になってしまいます。また、腸の中をアルカリ性にする作用があるため、免疫機能の低下も考えられます。ちなみに便秘や、便・おならの匂いが気になる場合も、悪玉菌優勢の腸内になっている証拠です。

腸内バランスが重要!

腸の健康、体全体の健康をキープするには、腸内を善玉菌優勢の状態にしておくことが大切です。悪玉菌よりも、善玉菌が多くいる状態を維持する必要があるのです。ちなみに善玉菌は悪玉菌に対抗することで効果を発揮するため、悪玉菌がゼロになってもダメ。悪玉菌<善玉菌というバランスが大事なのです。

腸内バランスに欠かせない乳酸菌!

腸内バランスを整えることが大切だと分かりました。

そこで活躍するのが乳酸菌です。

乳酸菌は善玉菌のエサとなることで腸内の善玉菌を増やしてくれるのです。上でも述べた通り、善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、腸内バランスは整います。そして体全体の健康につながるのです。

もちろん乳酸菌外にも、ビフィズス菌や食物繊維など腸に良いとされる成分はあります。また、適度な運動やストレス解消、規則正しい睡眠なども腸内の健康・敷いては体の健康に欠かせません。

ぜひ乳酸菌をはじめとした腸に良い習慣を取り入れ、内側からのキレイ・健康を目指しましょう!

ページの先頭へ ▲