健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 乳酸菌のキホン情報 » 乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違い

ここでは、乳酸菌とは何か、ビフィズス菌とは何かを解説しながら、その違いを見ていきます。

乳酸菌とビフィズス菌は別物?

乳酸菌もビフィズス菌も、私たち人間の腸内に生存している菌です。どちらの菌も乳酸飲料やヨーグルトなどに使用されており、同じように腸を整えるはたらきをするため、「ビフィズス菌は乳酸菌の一種」とされているような場合もあります。

しかし、生物学的にみると、実は違う分類になるものなのです。

乳酸菌とはどんなもの?

乳酸をつくりだし、体にとって良いはたらきをしてくれる細菌のこと。腸の中においては、ビフィズス菌が生存しやすい環境をつくる大事な役目を持っています。

乳酸菌は、腸の中におよそ1億~1000億個存在していると言われています。膨大な数に思えますが、実はビフィズス菌と比べると、わずか1万分の1~100分の1の量なのです。

乳酸菌が存在しているのは、私たち人間や動物の腸の中だけではありません。ヨーグルトやチーズ、キムチ、味噌、醤油、漬物といった食品の中にも多く含まれています。主に発酵食品に含まれると考えてよいでしょう。酸素がある場所でも生きることができる「通性嫌気性」という性質を持っており、ビフィズス菌とは違って自然界にも幅広く生存しています。

乳酸菌と定義されるための条件のひとつに、“糖(グルコース)を分解してつくりだす代謝物の5割以上が「乳酸」であることというものがあります。ビフィズス菌も同じく糖から乳酸をつくりだすのですが、それよりも多く「酢酸」をつくりだすので、この定義からは外れることになるのです。

ビフィズス菌とはどんなもの?

「酢酸」と「乳酸」をつくりだす細菌です。

人間の腸の中に生存している善玉菌のほとんどがビフィズス菌であり、乳酸菌のおよそ100倍~1万倍となる、1兆個~10兆個の数が棲んでいるとされます。

乳酸菌とは異なり、酸素がある場所では生存することができない「偏性嫌気性」という性質を持っています。そのため乳酸菌のように広く自然界に生存することはできず、主に私たち人間や動物の腸の中にいます。

上で少し触れたように、ビフィズス菌も糖を分解することで乳酸をつくりだします。しかし乳酸菌と違うのは、殺菌力の強さで知られる「酢酸」や、葉酸、ビタミンB群などもつくりだす点です。

ページの先頭へ ▲