健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 乳酸菌のキホン情報 » 生きている菌が良いって本当?

生きている菌が良いって本当?

ここでは、大腸まで生きて届く乳酸菌と、届かない乳酸菌がいることについて解説しています!ぜひ、乳酸菌の摂取やサプリメント選びの参考にしてみてくださいね!

選ぶならやっぱり生きて腸まで届く乳酸菌

乳酸菌サプリメントや乳酸菌飲料を見ていると、「腸まで生きて届く」というフレーズがよく使われています。よく耳にするフレーズではありますが、その意味をきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか?

乳酸菌には、生きて腸まで届くもの、そうでないものがあり、より乳酸菌の効果を実感したいのであれば、やはり“生きて届く”乳酸菌がおすすめです。なぜなら、乳酸菌が持つ効果(腸内細菌のバランスを整える・体の免疫機能を高める等)は、腸まで生きて届いてこそ十分に発揮されるからです。

では、どんな乳酸菌が生きて腸まで届くのでしょうか?

まず1つは、そのような加工がされている乳酸菌です。「生きて腸まで届く」というフレーズを謳っている乳酸菌製品の中には、摂取した乳酸菌が胃酸で死滅してしまわないように耐酸対策などを施してあるものがあるのです。

そしてもう1つは、植物性乳酸菌です。動物性乳酸菌の中にも生きて腸まで届くものはありますが、野菜や豆、麦や米など植物の発酵によりできる植物性乳酸菌は、動物性に比べてタフな性質を持っており、胃酸などに強いため腸までしっかりと届けられます。そして腸に到達した乳酸菌は悪玉菌を退治して善玉菌である「ビフィズス菌」を増やし、腸内活動を活性化させてくれるのです。

植物性乳酸菌とひとくちに言ってもさまざまな種類がありますが、以下に一例を挙げてみました。(ちなみに植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌の10倍もの種類があると言われています…!)

  • ラブレ菌
  • フェカリス菌
  • ビフィズス菌
  • 有胞子性乳酸菌ラクリス菌
  • ケフィア菌

まだまだたくさんの種類がありますが、どの乳酸菌にも共通しているのが“腸まで到達してしっかりと腸内環境を整える”というタフな性質です!

ページの先頭へ ▲