健康のミカタ!乳酸菌大百科

種類数と価格で乳酸菌サプリを徹底比較!

HOME » 乳酸菌のキホン情報 » プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとプレバイオティクス

ここでは、プロバイオティクスとプレバイオティクスの違いについて解説しています。

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の違いをチェック!

よく似た名称の「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」。どのような違いがあるのでしょうか?

プロバイオティクスとは?

腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを整え、体に有益な働きをする生きた微生物のことをいいます。

乳酸菌やビフィズス菌もこの一種であり、一定条件を満たした腸内細菌だけがプロバイオティクスとして認められています。

  • 食品や医薬品として安全性が保証されている。
  • 胆汁酸や胃酸の影響を受けずに腸まで届く。
  • 腸内粘膜に付着して増殖できる。
  • 腸内環境を整えて、腐敗物質を増やす悪玉菌を減らせる。
  • 抗菌性物質を生産してガンなどの病気を予防できる。
  • 摂取・飲用が簡単。
  • 商品として生産性があり、かつ価格も安価。

プレバイオティクスとは?

上で説明した「プロバイオティクス」の作用を腸内でサポートするのがプレバイオティクス。

以下に挙げるような性質を持っており、各種の食物繊維やオリゴ糖がプレバイオティクスとして認定されています。

  • 食道や胃、十二指腸などで分解吸収されない。
  • プロバイオティクスの栄養となり善玉菌を増加させる。
  • 腸内フローラを正常にして健康増進に寄与する。

このプレバイオティクスは、乳酸菌などのプロバイオティクスと一緒に摂ることで自らがその栄養源になり、プロバイオティクスを増やしてくれます。つまり、プロバイオティクスの効果がより高まるのです!

プロバイオティクス・プレバイオティクスに含まれる食品一覧

以下に、それぞれに含まれる食品の一例をリストアップしてみました!

【プロバイオティクス】

  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 味噌
  • 醤油
  • 漬物(ぬか漬けなど)
  • キムチ

など…

【プレバイオティクス】

  • 大豆
  • ごぼう
  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • バナナ
  • 干し柿
  • はちみつ
  • きな粉

など…

ぜひ普段の食事に積極的に取り入れて、腸からキレイ・健康になりましょう!

ページの先頭へ ▲